Book Lounge Tagomago

女性向けブックラウンジTagomago◆甲府市朝気1-9、角ビル2Fです。詳細はTwitter@tagomago_kofuかサイトへ。http://tagomago-kofu.fem.jp/

2017年版このBLが良かった~おいでよ新たな性癖の森編~

Tagomago甲府店です。

 

前回のブログを書いてから、まんがを読んだり小説を読んだりアイドルを育てたりだらだらしたりしていたら光よりも速く時間が過ぎ去り、本家「このBLがすごい!」様が発表されてしまいました。なんたるスケジュール管理能力。後出し感はんぱないけど今回は~おいでよ新たな性癖の森編~です!

 

◆倉橋トモさん『クラックスター』

f:id:tagomago_kofu:20171222195239j:plain

『トモダチ以上のこと、シたい。』『ピンクとまめしば』などの名作をどんどん発表している倉橋トモ先生。

そして今作『クラックスター』、ブラック×ピンクの適度にエロいこちらの表紙そのものが、他でもない伏線であり他でもない~おいでよ新たな性癖の森~でした。

かつての同級生と久しぶりに会ったら「同級生こんな感じだっけ??えっちすぎない??」的な状態になるところからの、倉橋先生いわく「寝とられ系ヒモBL」。ヒモとかクズとかが元々好きな人にとっては、倉橋先生のかわい~絵柄で描いていただけるなんて僥倖もいいとこ……っ!

とらのあなで購入したのですが、特典リーフレットのシノくんよりも色々と貪欲なミオちゃんにも非常にときめきました。強気で積極的な黒髪受けがお好きな方におすすめしたいです。

店長はカシオ先生『心を殺す方法』(3巻4巻発売&完結おめでとうございます!)では英さんに共感する処女厨なのですが『クラックスター』以降ゆるビッチへの羨望と、今もなお心に残る処女厨的感覚がせめぎあっています。きつめのスクラムを組んで裸と裸のぶつかり稽古中。そしてじりじりとぶつかったまま年が開けてしまう……。

 

ねこ田米蔵さん『誘惑仕掛け 甘い罠』

f:id:tagomago_kofu:20171231004715j:plain

今作のおかげでオネエ攻めという革命が巻き起こり、我々の町に嵐を呼び、枯渇した大地に雨が降り注ぎ、雨が上がって虹がかかり、小鳥がさえずり、気がついたら新たな性癖の森に迷い込んでいました。

「○○さんってイケメンだよねー!」と噂される、会社のクールでどどどえすな上司が、実はオネエでした~!というキャッチーな設定。ときめきとギャグ要素のバランスがとても良く、終わり方も「うわ~~~!?」ってニヤニヤしちゃう感じでした。

女装・オネエ好きの方にぜひ。そして「女装・オネエ=受け」という方程式をお持ちの方もぜひ、新たな森に迷い込んでください。……こわくない…こわくない……

 

------

ということで2017年もありがとうございました!

今年もいろんな作品を読んで、テンアゲ爆アドして、いろんな作品を教えてもらって、新たな森や沼へ果敢に飛び込んで、出られなくなっても幸せで充実した1年でした!!

2018年は1月6日(土)12:00~オープン予定です、2018年もどうぞよろしくお願いします~!