Book Lounge Tagomago

女性向けブックラウンジTagomago◆甲府市朝気交差点、角にある辻ビルの2Fです。詳細はTwitter@tagomago_kofuかサイトへ。http://tagomago-kofu.fem.jp/

【BL漫画もそうでなくても】才能に嫉妬する系作品は素晴らしい

Tagomago甲府店です。

 

8月に駆け込むように記事を書き、「次の更新は9月中に」などと言いながら気がつけば12月。時間の流れる早さは膝が笑うほど恐ろしいですね。

現在も9月125日ぐらいのように考えれば、まだ9月中と言えないこともないです。物事は捉え方次第だと、高校時代のスタン・ハンセン似の恩師も言っていました。

 

さて、最近の入荷状況を踏まえて、おすすめの作品をまとめました!

 

そして最近「才能があるキャラクターと、それによくも悪くも嫉妬や何かしらの感情を覚えているキャラクターが出てくる作品は名作率が高い」と気づいてしまったので、今回は「才能の話」が尊い作品をピックアップ。

 

PEYOさん「ボーイミーツマリア」

f:id:tagomago_kofu:20181212131806j:plain


高校の演劇部を舞台にした作品です。ヒーローに憧れている主人公が、「マリア」と呼ばれる演劇部のマドンナと出会うお話。演劇の素人である主人公と、才能を認められているマリア、それぞれの思うところが丁寧に描写されていきます。

 

こういう言い方が合っているのか分かりませんが、一読して「よ、よく出来てら~!!」と空を仰ぎました。本当に細部まで丁寧に作られていることが、絵からもストーリーからも伝わってきてすごくぐっときます……。

 

トジツキハジメさん『カナさん』

f:id:tagomago_kofu:20181212134724j:plain

バイト先の居酒屋によくやってくるバンドマン『カナさん』について掘り下げていくお話。

 

重要なネタバレをはらむのであまり語れないのですが、普通なら「ここで作品が終わってしまうだろう」という展開のその先があるところが好きです。才能のある人本人を語るのではなく、周りの人を語ることでその人が浮き彫りになっていく構成が、本当に本当に好きです。

 

倉橋トモさん「ハローモーニングスター

f:id:tagomago_kofu:20181212133140j:plain

かねてより倉橋トモさんの絵が好きすぎて、これまでにも「か、顔がいい~!!」と崇める機会が多かったのですが、今作はページをめくるたびにそのセリフを惜しみなくつぶやけるアイドルの世界を舞台にした作品。顔のよさ5億点。

 

仲間であり、同時にライバルでもある同期アイドルたちの中で「才能があっていいよな」と言われるキャラクターと、「次にデビューするならお前だ」と言われていながら、先を越されてしまったキャラクターの確執とも執着とも嫉妬ともつかない心情がとてもリアルです。

 

小鬼36℃さん「あの日、世界の真ん中で」

f:id:tagomago_kofu:20181212132828j:plain

BL作品の流れでご紹介しますが、こちらはNL作品です。音楽が好きなもののうまくいかない主人公と、陸上という舞台で成果を挙げている幼馴染の女の子。

 

自分の「うまくいかなさ」と、よく知っている人が「うまくいっている」ことのコントラスト。そして高校生らしい青臭さがきゃわゆい。爽やかでハッピーになります。

 

トウテムポールさん『或るアホウの一生』

f:id:tagomago_kofu:20181212135032j:plain

前回の記事で語った『東京心中』シリーズのトウテムポールさん。東京心中シリーズはBL作品ですが、こちらは一般青年誌レーベルから展開されている将棋漫画です。

 

1~2巻は、数多の勝負を勝ち抜きながらも、将棋のプロになる一歩手前のところでくすぶっている4名のキャラクターがメイン。一人ひとり考え方も将棋への取り組み方も違うのですが、とにかく皆泥臭く将棋に向き合っているのが本当にぐっときます。

 

「才能なんかなくても勝ちたい」とか「なんであんな才能のないやつに負けなきゃいけないんだ」とか、あけすけな感情が包み隠さず描かれていて、読んだあとはウオオ何かせねばならん……と焚き付けられる名作です。

 

 

トウテムポールさん「東京心中」シリーズの最新刊が楽しみすぎるので既刊の最高ポイントの話を

f:id:tagomago_kofu:20180817161444j:plain

Tagomago甲府店です!

 

いきなり本題ですが今月末に発売されるトウテムポールさん「東京心中」シリーズの新刊が楽しみで仕方ないので、毎日毎日そわそわし通しています。

そこで今回は、このパトスを放出すべく東京心中シリーズの魅力についていつになく真面目に記したいと思います。

 

 

東京心中シリーズとは

トウテムポールさん著のBL作品「東京心中」シリーズの最新刊8巻が、今月末に発売されます(シリーズ累計9冊目)。

東京心中シリーズは、テレビ制作会社を舞台に裏方で活躍する人たちにスポットを当てたお話です。

 

内容をざっくり紹介すると、なんか仕事ないかな~テレビ好きだしこの仕事やってみようかな~ゆるふわパンケーキ~くらいの気持ちでテレビ製作会社に入社した青年・宮坂くんが、直属の上司である矢野さんやユカさんや新入社員たちと一緒に成長していく……というような感じ。

がっつりBL!!というよりは、恋愛や性別に縛られない、仕事や自己成長の内容に重点が置かれているイメージです。

 

もちろん10冊近く刊行されているシリーズなので、おちごとがんばえ~系テーマだけじゃなく色んな要素がつみ重なっているんですが、私の言葉じゃとても説明しきれないので、詳しくは読んでくだされ~

 

仕事に疲れた人に矢野聖司を処方したい

BL的な言い方をすると受けキャラである矢野さんは、とにかく映画好きで仕事人間で、自分の倫理と常識にひたすらに真っ直ぐに、悪態と暴言を振りかざしワーカホリックに生きているため、たびたび世捨て人ポジのようになっています。

だからこそ、数多の二次元キャラクターの中でもトップクラスに最高なキャラクターだと思っています。大好きof大of好き。feat.大好き。

 

東京心中シリーズ3巻「君も人生棒に振ってみないか?」で矢野さんは、映画に対して「物質ならしがみつきたい」と語るほどの愛情を吐露していました。

概念が物質になったときになにかしらの形でアタックしたいというのはあるあるですね。だからフィギュアをバリバリ食っちまうタイプのおたくが存在するのでしょう。

 

閑話休題

 

そんな矢野さんの映画愛と、それに裏づけされた誠実な仕事への向き合い方を見ているといかに自分の生活がゆるゆるなのか自覚でき「いやいやごろごろしながらソシャゲしてる場合じゃない……!」と立ち上がる気力が湧いてきます。

てこでも動かない引きこもりでも、矢野さんを見ていると何かしなければというアツい気持ちになるんです。これは少年漫画を読んだときに「もしかしたら自分も海賊王になれるんじゃないか?」と思ってしまうようなそんなアツさとトキメキに近い。

仕事に疲れた大人やトキメキをわすれちまつた大人のモチベーションアップに、矢野聖司はよく効くんじゃないかと思ってます。

 

ほんで東京心中7巻、神だったなあ

7巻「ブラックドッグノービスケッツ」では、宮坂くんと矢野さんが社会人になる前、地元にいたころの話が収録されていましたが、これが本当に本当に何由来か分からない涙がベロベロ出てくるくらいいいお話だったので8巻が出る前にぜひ読み返してほしい!!

 

他人に1ミリも揺るがされることなく奔放に生きているように見える矢野さんも、そのマインドを手に入れるまでに色々あったんやなあ……と噛み締めると、心臓の潰れたオタクは「とにかく全員幸せになってくれ~!!」しか言えません。

出会う前の二人が、同じものを見てまったく違う感想を抱くという構成も大変にくいです。

 

さらに「ブラックドッグノービスケッツ」では、「映画が好きいい作品が好き」という目的も好みもハッキリした矢野さんが「映画にもテレビにも編集にもそこまで興味があったわけじゃない、だけど矢野さんが大好き~!」というモチベーションに生かされている宮坂くんに対して、作品の作り方が真逆であることを指摘するシーンがあります。そしてここもまたほんとにめちゃくちゃいいです。

詳細はネタバレになるので避けますが、このタイミングでそんなことを……!というシチュエーションと、他人に揺るがされない(ように見える)矢野さんが、つまるところ「羨ましい」という感情を宮坂くんに抱いているのがめちゃくちゃ新鮮でぐっときます。

 

サザエさん方式作品のようにも見えますが、作中では着実に時間が流れ、映画愛を語っていた3巻「君も人生棒に振ってみないか?」から、7巻「ブラックドッグノービスケッツ」までのあいだに矢野さんも宮坂くんもどんどん変わっています。これもまた、次巻が楽しみになる要因です。

 

 

ところで、アマゾンで東京心中シリーズ8巻「いつだってそうだ正気でいられない」の書影を見かけました。煽り文は「人は何のために働くのか」でした。もう最高。

 

 

山梨の鬼ゆるカフェことTagomago甲府店、Level2になりました

Tagomago甲府店です。

 

2018年5月1日、当店は無事に2周年を迎えました!

毎月ヒヤヒヤしながら月を跨いでいるため、2年続いたことに驚きです。

日頃、ご愛顧いただいている皆さまに、心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます……!

 

 

そしておもむろに頂いたお祝いが……こちらっ……!

 

f:id:tagomago_kofu:20180517142055j:plain

 

出、出~~!!!

 

右上に添えられた「小五郎に弟子入りした青年探偵」という紹介文がほぼ嘘、なんのネクストコナンズヒントにもなっていない!!にも関わらず「これこそがデキる男」と言わんばかりの決めポーズと挑発的なドヤ顔!!最高かよ!!

 

「ゼロの執行人」の略称が「ゼロシコ」で浸透しているとはじめて知ったときにはなんて世知辛い世の中なのだろうと思ったものですが、アベンジャーズVSゼロシコという字面は非常に心躍りますね。何と戦ってんだ。

 

さて話を戻して、2周年という節目を機に改めてお店の情報をまとめたいと思います!

 

場所甲府市朝気1-9 辻ビルA2F

(戸田酒販さんのお向かいにある、交差点角のビルです)

営業時間:12時~21時

(時間制のため、最終入店は20時です)

休日不定

Twitterのホームに毎月のお休みと貸切日を記載しています、不安なときはリプやDMでお問い合わせください!)

料金:700~最大料金1850円

(時間+ドリンクオーダーです、学割あります)

できること:まんがを読む、小説を読む、喋る、寝る、絵を描く、原稿をやる、手芸をやる、仕事をやる、持ち込んだご飯やお菓子や飲み物をたしなむ、自宅にある置き場のない本を置いていく、ゲームをする、ブルーレイやDVDを見る、読書会をする、歌う、踊る、楽器を弾く、コスプレをする、撮影をする、衣装を作る、推しの葬式をする、ボードゲームをやる、TRPGをやる、麻雀をやる、推しプレゼン大会をやる、推しの尊さに人目はばからず涙を流す など

(詳細はお問い合わせください!)

 

今後も、お店の方向性について法に触れなければOKというスタンスで健全経営を続け、さらなるサービス向上のため日々精進し地域社会の発展に貢献して参りますので、何卒ご愛顧の程宜しくお願い致します。

甲府美味しいラーメン事情※店員さんは六つ子ではありません

Tagomago甲府店です!

 

商業BL界、怒涛のアニメ化ブームですね。すごい時代がきた……!とわなわなしています。

 

実写映画化する作品もどんどん増えているので、アニメや映画や何かしらで作品に触れた人が「原作はどんな感じなんだろ」というところから「この人の作品最高に最the高じゃん!ありがてぇ!!」と秒速で沼落ち、秒速で語彙を失う未来を虎視眈々と狙っていきたいと思います。

 

 

さてここからは個人的な日記兼唐突な飯テロです。

 

f:id:tagomago_kofu:20180223232911j:plain

甲府市国母の家系ラーメン屋さん「松壱屋」さん。

醤油豚骨ラーメン並餃子セット1000円。

 

20号沿い国母交差点近く、パチンコニチエイとかエイトカフェがある敷地内のビルの1階。こちらの店舗が入る前には、すき家があったところです。

こちらの豚骨醤油がとても好みで、許されるのならタンブラーに入れて持ち歩きたいです。だめならバナナケースに餃子を入れて持ち歩きたい。

 

ラーメン屋さんにはめずらしくライスバーとドリンクバーつき。

 

そして、初回来店時にポイントカードを作ってくださるんですが、そのカードを持っていると毎回味玉とかほうれん草とか海苔とかメンマとかののトッピングが無料になるという治外法権みたいなお店です。最高です。余計なお世話であることは承知ですが、大丈夫ですか?と聞きたくなります。

 

つい「一松屋」というオタクの大罪みたいな覚え方をしてしまいそうですが、松壱屋さん、大事な日と大事な日の前の日に行きたい場所です。

「玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ」読書会@甲府レポ

Tagomago甲府店です!

 

先日、当店にてひそやかに読書会を開催しました。

もうめっちゃくちゃに楽しくて、充実した時間だったので僭越ながらレポートさせていただきます。

 

 

f:id:tagomago_kofu:20180304163914j:plain

 

今回の課題図書はこちら!

『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』

木下龍也さん、岡野大嗣さんの共作短歌集です。特典として、 『阿修羅ガール』『好き好き大好き超愛してる。』などの舞城王太郎さんのスピンオフ小説が2編ついています。

 

今作は男子高校生ふたりの、7月の七日間を描いている作品ですが、突如文字の組み方からフォントから様子がおかしくなったり、短歌に盛り込まれるキーワードが何やら不穏な気配を放ちはじめたり、かと思えば一番大切な部分はとてもぼやかされていたりと、読めば読むほど心がざわざわしていきます。

 

帯に「ミステリー」という言葉があるため「やっぱりこれはミステリーなんだよな……?」と読み進めていくものの、受け取り方は読み手の数だけあり、考察厨の心をなんともくすぐります。もちろん短歌自体の鮮やかさも魅力。

 

文字数が限られている短歌は、 ちょっとしたモチーフや単語から想像することが欠かせませんが、いきすぎると一つの見方にとらわれて別の読み方がまったくできなくなるので、読者会を通じて皆様のお話を聞いていて「なるほどーー!?」ってことが500回くらいありました。

 

いかに自分が「こうなんだろうな」と設定やシチュエーションを勝手に思い込んでいたかと……そう、例えるならくそ腐女子俺氏が表紙だけを見て「ハハーンこの黒髪くんが受けね!」って読み進めていたら、いざそういうシーンで「アッッッ!?逆!!!??」となるようなあの感じ。思い込みってまじで悪癖の極みだな……と猛省。

 

f:id:tagomago_kofu:20180304163956j:plain

 

最後に、参加された方が「帯以上には語れない」とおっしゃっていたのがとても印象的です。

本当にそんな感じで、読めば読むほど知りたいことが増え、色んな人の意見を聞きたくなりながら、ここに書かれている以上の真実はないようでもあるし、そもそも追おうとしているもの自体一体何なのかと思うし、でも知りたいし……というジレンマに奥歯をかみ締める思いです。

 

『玄関の~…』に関しては、何度でも読書会を開いて、一人でも多くの人の感想や意見や考察をお聞きしたいので「読んだよ!」という方のご一報をいつでも強火でお待ちしています!!

 

音読したい!熟読したい!第1回ヤベェ本選手権

Tagomago甲府店です。

 

店内の蔵書を眺めていて「おいこの本最高だな~!?」と新鮮に感動することが結構頻繁にあります。

普段ご紹介している作品とは少し毛色の違う、素敵なヤベェ本たちをご紹介していきます。

 

f:id:tagomago_kofu:20180219234650j:plain

まずはこちら『NEWSダイジェスト』

なにやらアカデミックな一冊かと思いきや、取り上げられるニュースが「嫁がセックス中にオペラを歌いだして困っている」とか「チアリーダーのパフォーマンスがセクシーすぎておじいちゃんが死んだ」とか「まじか?正気か?何を言っているんだ?」と言いたくなるニュースばかり。

ぜひ、アナウンサーになったつもりで音読してほしい。真面目に音読すればするほど、不思議と気分が高揚してもっとニュースを知りたくなります。

幼女の一人称が「あたち」だったり女性のエロティックワードとして頻出するのが「そこよっ!イイッ!」だったりと、全編なんとも言えない絶妙なノリを仕掛けているのが読みどころ。いい。めっちゃいいぞ。

 

f:id:tagomago_kofu:20180219234506j:plain

 

続きまして岩崎剛さん著『怖いサギ師の手口』

山梨県甲府市内、毎日のように「警察署からの~お知らせです~」と振り込め詐欺の注意勧告無線が流れますね。ところであの詐欺ってなんでなくならないの、どうやって詐欺ってるの、など気になったときには加害者様の供述を読みましょう。

「ヤベェ」の方向性が他とはやや違いますが、なんにせよヤベェ本であることに違いはないので、熟読したのち有益な情報は実家のお母様やおばあ様にお伝えしてください。

 

f:id:tagomago_kofu:20180219234932j:plain

 

続いて『本当にいる世界の「巨人族」案内』。方向性を365000度変えてきてすみません。

先日、お客さまに「店長、これ、何?」と端的に尋ねられた一冊です。残念ながら答えらしい答えは見つからなかった。店長として非常にふがいない。誠に遺憾。

フォーモリアからシュテンドウジからジョン・マンデヴィルの巨人まで、神話・オカルト・美術に登場する巨人を集めた一冊。

進撃の某を読んで「モブ巨人になって駆逐された~い!」と願った経験のある女性は、この本を読みながら「ねぇねぇ、どの巨人になりたい?」と恋バナしませんか。

 

f:id:tagomago_kofu:20180219235216j:plain

最後にコアムックシリーズ 『画像で見る放送禁止作品』

コンビニのマガジンラックに雑にささっていて、ちょっと読みたいけど立ち読みする勇気がなかったあなたは、ぜひ当店で腰をすえてコーヒーでもすすりながら熟読してください。

前半は「倫理とは規制とは……」と考えさせるページも豊富ですが、後半へいくにつれてあまりにもナチュラルにエッチページが増え、最終的には実話BUNKAタブーとかサイゾーみたいな内容と見出しの畳み掛けになるという、本としての緩急が楽しめる一冊です。

 

まだまだヤベェ本はたくさんありますので、少しずつご紹介いたします!そして皆さまのヤベェ本情報もお待ちしております!

その創作意欲、枯れないうちに形にしようや……!!って働きかけるタイプのブックカフェ@甲府

Tagomago甲府店です。

f:id:tagomago_kofu:20180208185526j:plain

 

だいぶ出遅れましたがあけましておめでとうございます……!

皆さん年始の雰囲気から解放され、来たるバレンタインへ向けて推しカプの小ネタを仕込みに忙しい頃合かと存じますが、今更ですが今年もどうぞよろしくお願いいたします!

店長は、今年の抱負を「やりたいことめっちゃやる~!」に決定しました。

いきなり2018年の幸先が思いやられるアホアホ抱負ですが、オタクとして宿命(カルマ)を背負って産まれ、不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった(主に思春期の数多のやらかしを指す)からには、一瞬のパトスを取りこぼさないようやりたい!!!って思ったことに秒速で取りかかる奔る奴隷になりたいです。

 

だからこそ最近は「BL漫画読みにきました!」という方はもちろんのこと、「作業するために来ました」という方も増えて本当~にめちゃくちゃうれしいです。

 

お絵かき、まんが描き、小説書き、アクセサリーづくり、衣装づくり、痛バッグづくり、映像づくり、ぬいぐるみづくり、うちわづくり、なんでも大歓迎です~!

パソコンでも材料でもなんでもお持ち込みくださいませ~コンセントもWi-Fiもがんがんお使いくださいませ~!\ウィーフィー!ウィーフィー!/

 

f:id:tagomago_kofu:20180208185705j:plain

 

こんな感じでゆるゆる作業しつつ、疲れたら甘いもの食べつつ、まんが読みつつ、ふらっと外出たりしつつ、まったり休日しませんか!(撮影許可ありがとうございました┏○ ペコリ)

 

ところで初心者向けデジ絵講座してくださる方を絶賛募集中です。お客様の中にッ!お心当たりの方はいらっしゃいませんかッ!