Book Lounge Tagomago

女性向けブックラウンジTagomago◆甲府市朝気交差点、角にある辻ビルの2Fです。詳細はTwitter@tagomago_kofuかサイトへ。http://tagomago-kofu.fem.jp/

「玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ」読書会@甲府レポ

Tagomago甲府店です!

 

先日、当店にてひそやかに読書会を開催しました。

もうめっちゃくちゃに楽しくて、充実した時間だったので僭越ながらレポートさせていただきます。

 

 

f:id:tagomago_kofu:20180304163914j:plain

 

今回の課題図書はこちら!

『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』

木下龍也さん、岡野大嗣さんの共作短歌集です。特典として、 『阿修羅ガール』『好き好き大好き超愛してる。』などの舞城王太郎さんのスピンオフ小説が2編ついています。

 

今作は男子高校生ふたりの、7月の七日間を描いている作品ですが、突如文字の組み方からフォントから様子がおかしくなったり、短歌に盛り込まれるキーワードが何やら不穏な気配を放ちはじめたり、かと思えば一番大切な部分はとてもぼやかされていたりと、読めば読むほど心がざわざわしていきます。

 

帯に「ミステリー」という言葉があるため「やっぱりこれはミステリーなんだよな……?」と読み進めていくものの、受け取り方は読み手の数だけあり、考察厨の心をなんともくすぐります。もちろん短歌自体の鮮やかさも魅力。

 

文字数が限られている短歌は、 ちょっとしたモチーフや単語から想像することが欠かせませんが、いきすぎると一つの見方にとらわれて別の読み方がまったくできなくなるので、読者会を通じて皆様のお話を聞いていて「なるほどーー!?」ってことが500回くらいありました。

 

いかに自分が「こうなんだろうな」と設定やシチュエーションを勝手に思い込んでいたかと……そう、例えるならくそ腐女子俺氏が表紙だけを見て「ハハーンこの黒髪くんが受けね!」って読み進めていたら、いざそういうシーンで「アッッッ!?逆!!!??」となるようなあの感じ。思い込みってまじで悪癖の極みだな……と猛省。

 

f:id:tagomago_kofu:20180304163956j:plain

 

最後に、参加された方が「帯以上には語れない」とおっしゃっていたのがとても印象的です。

本当にそんな感じで、読めば読むほど知りたいことが増え、色んな人の意見を聞きたくなりながら、ここに書かれている以上の真実はないようでもあるし、そもそも追おうとしているもの自体一体何なのかと思うし、でも知りたいし……というジレンマに奥歯をかみ締める思いです。

 

『玄関の~…』に関しては、何度でも読書会を開いて、一人でも多くの人の感想や意見や考察をお聞きしたいので「読んだよ!」という方のご一報をいつでも強火でお待ちしています!!