Book Lounge Tagomago

女性向けブックラウンジTagomago◆甲府市朝気交差点、角にある辻ビルの2Fです。詳細はTwitter@tagomago_kofuかサイトへ。http://tagomago-kofu.fem.jp/

2017年版このBLが良かった~悩めよ少年編~

Tagomago甲府店です。

 

f:id:tagomago_kofu:20171207151916j:plain

 

毎年、 NEXT編集部様より発表される「このBLがやばい!」を大変参考にさせていただいております。

そして本家様に敬意を払うと同時に、独断にて「このBLが良かった(バチクソに私的)」をご紹介します。

今回のピックアップコンセプトは「主人公およびその周辺がいろいろいろいろ悩んでいる感じの素敵なお話」!

 

◆はらだ先生「にいちゃん」

f:id:tagomago_kofu:20171207152109j:plain

まず装丁がかっこよすぎません?出オチか??

 

はらだ先生作品の中でも、「よるとあさの歌」がバイオレンス方向に飛びぬけ、「カラーレシピ」がサイコパス方向に飛びぬけているとするならば、ちょうどその中間あたりの双方の要素がもりもりな読み応え◎作品。

ごくナチュラルに犯罪系の話も関わってくるのでその辺りが気になってしまう人もいるかもですが、そういうところもはらだ先生らしいな~!というポイントです。

 

そして、鬼気迫るシーンも糸の切れないテンションのまま描き上げる一方、ショタや女子を描く線がめちゃくちゃまろくてまじ卍。

はらだ先生作品のキャラクターは皆、当然のように性格や言動の支柱に母親の姿があって、親の呪いみたいな話が好きな人にはたまりません。

 

◆春泥先生「ガンバレ!中村くん!!」

 

f:id:tagomago_kofu:20171207152142j:plain

はらだ先生作品に登場する少年たちの悩みが「生とは死とは愛とは?」だとすれば、中村くんの悩みは「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう??」系の悩み。最高!!

主人公の中村くんが、きゃわいいフェイスのクラスメイトをじっと見つめ距離を縮めようとしたり失敗したりするドタバタギャグです。お子さんからお年寄りまで安心して楽しめます。

 

レトロタッチもさることながら、ちらっと登場するヤンキーや美術の先生などモブキャラまでキャラ立ちしすぎてて「私は今『ハイスクール!奇面組』を読んでいるのか……?」という疑念に駆られました。

 

多くのBL作品がカップルっぽさやエロシーンを売りにしていると思うんですが、今作に関してはずーっとこのくらいの距離感でいてほしいと思うくらいちょうどいいです。毎日読みたい。

ハラハラドキドキ系BLも好きだけど、だからこそ息を抜ける作品がめちゃくちゃありがたいです。週刊少年ジャンプを読んで手に汗を握るのも楽しいけど、磯部磯兵衛物語で小休止する時間も大事だよねみたいなそういうことです。

 

次回予告

「2017年版このBLが良かった~おいでよ新たな性癖の森編~」乞うご期待。