Book Lounge Tagomago

女性向けブックラウンジTagomago◆甲府市朝気1-9、角ビル2Fです。詳細はTwitter@tagomago_kofuかサイトへ。http://tagomago-kofu.fem.jp/

BLレーベルと各出版社の嗜好・特徴(めためたに主観)

Tagomago甲府店です。

「商業BL読んでみたいけど何から手をつけたらいいか分からない」というお客様の声にお応えし、主観に溢れるBLレーベル紹介をさせていただきます。

 

「Dear+(新書館)」

f:id:tagomago_kofu:20160921162206j:plain

通称ディアプラ。店長は「安心と信頼のディアプラさん」と呼んでいます。

複数冊の新刊を買い、また知らない作家さんも買うという冒険をするとき、とりあえずディアプラさんを一冊混ぜておけば間違いないと思っているので手癖のように購入してしまいます。

歴の長い作家さんの作品も多く「昔は読んでたけど~」というお姉さまも入りやすいレーベルです。

コラボカフェとかグッズ展開とか、イベントも多いイメージ。

居酒屋メニューで言うところのたまごやき。

ファッションで言うところの愛されコンサバ。

新書館はコミックもノベルもとりあえず失敗しない!間違いない!という安心感、いつもお世話になっております!

 

「onBLUE(祥伝社)」

f:id:tagomago_kofu:20160921163448j:plain

おしゃれ~~!装丁も凝っていたり、水彩を効果的に使っていたり、ともかく目にしただけできゅんきゅんするおしゃれな作家さんのいまどきタイトルが多いイメージです。

でも内容が濃い。近親相姦とか!ボコり愛とか!NTRとか!昼下がりの情事性が高いので、おしゃれさに惹かれたBL初心者にも容赦なく新たな萌えを半強制的に開花させる。っょぃ。

祥伝社さんはフィールヤングなどでもとてもお世話になっておりますが、きれいめ・かわいめなのに驚かされる出来事がポコポコと描かれるジェットコースター作品も多く「あ、そうか、この世界ではこれが当たり前なんだ、なるほど」とこちらが能動的に順応の姿勢を見せることでいつの間にかどっぷりハマってしまうところが最高に好きです。

まんがを逃避行に活用したい人との親和性が異常に高すぎる出版社さんだと思ってますだいすき~!!

内容でもお腹いっぱいにさせてくれるオンブルーさんはカフェメニューで言うところのチョコバナナキャラメルハニーパンケーキ。食べ始めて2分くらいであっこれすごいやつだアカンってなります。

 

「BABY COMICS(ふゅーじょんぷろだくと)」

f:id:tagomago_kofu:20160921163646j:plain

最近自分の中でとても急上昇中のレーベルです。

私の中ではかわいい顔して狡猾な女児アイドルのような立ち位置。

キュート系の作品が多いかと思いきや突如としてざらついたネタをぶち込んできたり、色々な要素を足し算しているのでますます気になります。音楽ジャンルで言うところのミクスチャーです。

もしくはバンドじゃないもん!(かっちゃんがいたころ)です。バンドやんけ!!ってレスポンスしたい感じです。BABY言うとりますけどアダルト極めとるやんけ!!

勝手なイメージかもしれませんがふゅーぷろさんはオメガバースにお強かったり、時代の先の先の先を見ている感じでついていきたいです…どこまでも…

 

Qpa竹書房)」

f:id:tagomago_kofu:20160921163751j:plain

とりあえずレーベル名がずるい。そして内容も名前に恥じない振り切った仕上がり。くぱ♡

芸人さんで言うところの馬鹿よ貴方はです。

「ちょwwコンビ名www」ってなるけどネタ見たあと「このコンビ名しかないよなあ…『鈴木松永』とか『モラトリアムズ』とかだったら絶対違うもんなあ…」って納得せざるを得ません。

竹書房さんはBLレーベルでは「麗人」などもお馴染みですが、出版社としてはパチスロとか麻雀とかギャンブル系雑誌に特化している印象も強く、その血筋を受けたBL界におけるパワー系担当としてぜひこのままでいてほしいと強く願っています。

今後、繊細ゆるかわ♡BLがブームになって、愛されモテカケアミ♡アイシースクリーントーンS-989で大人かわいく♡が定石となっても竹書房さんは唯一腹パンしてくれる存在として、いつまでも変わらずにこの味を継承してもらいたいです。

 

長くなりすぎるのでおーわり!他のレーベルも別の機会にご紹介したいです~!