読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Book Lounge Tagomago

2016年5月にオープンした女性向けブックラウンジTagomagoです。甲府市朝気1-9、甲府東小学校の交差点角ビル2Fです。http://tagomago-kofu.fem.jp/

灰原薬さん「回遊の森」と江國香織さん「すいかの匂い」は似ている

Tagomago甲府店です!

 

いま甲府市内では「信玄公祭り2016」が開催されていてワッショイワッショイ状態。

4月8日金曜日から10日日曜日まで、甲府駅周辺でイベントや模擬店が行われ、さらに交通規制も各所で行われているため、山梨県民にとっては無視できないイベントのひとつです。

 

しかし山梨県民の戦国ラバーっぷりはんぱない。
大尊敬しているやおい研究家の金田淳子先生様も笛吹市の「川中島合戦絵巻」に参加されているとお聞きしテンションがあがりました。
甲府駅周辺でも「戦国BASARAスタンプラリー」をやってるし、それに対する山梨県公式ホームページの謳い文句が「これまでにない新しい切り口」というのもまたいいですよね。これまでにない新しい切り口……(復唱)

 

そして私はコミック版「戦国BASARA 2」の灰原薬さんが描かれた「回遊の森」がとにかく好きです。

f:id:tagomago_kofu:20160409214732j:plain

ここから突然趣味の話に入りますよ!!信玄公祭りにかこつけた自分の好きな話しかしませんよ!

 

むっちゃスタイリッシュできれいなイラストを描ける人が、アブノーマルだったり妖しかったりする内容を描くと余計にヤバイ感が極まる気がします。

 

まったく別物ではあるのですが、「冷静と情熱のあいだ」「きらきらひかる」「号泣する準備はできていた」などの江國香織さんは、大人のオシャン恋愛小説を叙情的に書き出して人気を博していますが、「すいかの匂い」という短編集がめちゃくちゃ気持ち悪いんです。

登場人物はほとんどが小学生女子だし大人じゃないし恋愛もしないし、ある意味では江國さんらしさはないんですが、やっぱり文章はきれいで、そのアンバランスがなんかもうなんというか気持ち悪くて最高に良いです。

 

「回遊の森」「すいかの匂い」、両方をじっくり味わって胃もたれしてもらえればうれしいです。

 

あと実は今回、はじめて店内の写真をぬるっとアップしました。
オープンへ向け、ちょいちょい店内写真も投稿していきます!